プリペイドvsポストペイ…電子マネーの種類とお得な使い方

プリペイドvsポストペイ…電子マネーの種類とお得な使い方

近年では急速にキャッシュレス化の波が広がっています。

利用者の多いコンビニをはじめ、各サービスにおいても電子マネー決済を身近に感じるようになりました。

電子マネーはスピーディーな決済が可能で利用可能店舗数も増加しており、使ってみればその利便性は確かに秀逸。

…しかし、現状では選択可能な電子マネーが増えすぎて、正直一体どれが何やらお得やら…とゴチャゴチャしがち!

そこで、数多ある電子マネーの種類を分かりやすく一覧にまとめ、もっとお得に有効活用してもらおうというのが今回の記事の主旨になります。

電子マネーの種類を一覧化

増えすぎてゴチャゴチャしてしまう人のため、電子マネーをおおよその分類で一覧にまとめているのでまずはそちらをご覧ください。

種別 名称
プリペイド
(前払い式)
流通系 ・楽天Edy
・WAON
・nanaco
交通系 ・Suica
・PASMO
ポストペイ
(後払い式)
通信系 ・iD
信販系 ・QUICPay

馴染み深い電子マネーもいくつかあったのではないでしょうか?

電子マネーをまず大きく2種類に分けるとすれば、前払い方式の「プリペイドタイプ」、後払い方式の「ポストペイタイプ」があります。

ポストペイ型である「iD(アイディー)」の使い勝手は上々でユーザー数も伸びていますが、現状ではまだまだ全体的にプリペイド型の方が主流だと思います。

そしてさらに細かく分類するならSuicaでお馴染みの交通系電子マネーの他、流通系、通信系、信販系といった分類もあります。

基本的にそれぞれ各分野に強みを持つ場合が多いですね。

この記事の後半では代表的な電子マネーをいくつかピックアップし、もうちょっと詳しい特徴なども解説しているのでお楽しみに。

混同されがちな○○ペイの話

…と、その前にキッチリと線引きしておきたいのが「○○ペイ」の話。

最近増えてきた○○ペイ…その多くは「コード決済」と呼ばれるもの。

コード決済とは、決済専用のバーコードやQRコードを専用端末機で読み取って支払いを完結させる決済方法で、電子マネーとはまた違ったものになります。

基本的にこれを利用するためにはクレジットカードとの紐付けが必要で、この基本部分はポストペイ型電子マネーと一緒ですね。

最終的な決済のときにQRコードなどのコードを読み取って取引するというところが、電子マネーとの大きな違いになるでしょう。

「100億円還元キャンペーン」で急速にユーザーを獲得した「PayPay(ペイペイ)」、「300億円祭」を開催した「LINE Pay」もコード決済サービスの一種になります。

急速に多様な決済サービスが登場したこともあってか、このあたりは電子マネーと混同されがちなので注意しておきましょう。

ポストペイ型電子マネー

ポストペイ型電子マネーはクレジットカードなどを紐付けすることで、決済をスピーディーに完結できるタイプ。

プリペイドタイプと大きく異なるのは、結局のところ支払いは紐付けしたクレジットカードなので、面倒なチャージは一切不要で素早い決済を実現可能なところ。

ただし、利用するためにはベースとなるクレジットカードが必要なので、そうなると与信審査や使い過ぎなどクレジットカードならではのデメリットもありますね。

電子マネーというよりも?

チャージという手間をかけて事前に電子マネーを購入するプリペイド型電子マネーに比べ、ちょっと分かり辛いのがポストペイ型電子マネー。

…というのも、ポストペイ型は厳密にいうと電子マネーではありません。

一般的なポストペイ型電子マネーと呼ばれるものは、クレジットカードを紐付けすることで使用可能になり、逆に言うとクレジットカードがないと使用できないものです。

つまり、決済の過程で一切電子マネーを使用していません。

使用するのは支払いのためのクレジットカード、店舗側の専用端末機、スピーディーに決済するためのスマホだけで、一切電子マネーの出番がないのです。

日本銀行のよくある質問「教えて!にちぎん」でも、「電子マネーとは何ですか?」という質問に対し、「一般に、利用する前にチャージを行うプリペイド方式の電子的な決済手段を指します。」という回答が明記されていますね。

(※ 引用:「よくある質問」 日本銀行)

日本銀行の定義するところからも分かるように、ポストペイ型電子マネーの立ち位置はちょっと特殊なものといえるでしょう。

正直個人的にも電子マネーとして使用していないポストペイ型電子マネーは、電子マネーとしては理解しづらい部分もありますね。

iD

「iD(アイディー)」は携帯電話でお馴染みのドコモと三井住友カードが提携して運営しているポストペイ型電子マネー。

公式サイトに利用可能店舗数まで明記されてはいませんが、他の電子マネーよりも利用可能な店舗数の多さがアドバンテージに。

プリペイド型電子マネーのようにかざすだけのスピーディーな決済に加え、一切チャージすることなく使用可能という身軽さがメリット。

最初に登録さえ済ませておけばとにかく手間が少ない!

…ちなみに、iD向けのお得なカードといえばオリコのカード。

「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」は、「iD決済で還元率+0.5%(合計+1.5%)」という独自の特典を備えているためiD向けのカードといえるでしょう。

ただし、年会費は税込み1,950円となっているため、年会費の支払いを敬遠したい人には不向きのカードになりますね。

基本的にiDを使用する場合の還元率は、ベースとなるクレジットカードと利用店舗の相性に依存するため、iDだからこそお得というカードはほとんどありません。

あと、iDについては通常のiDとは別に「プリペイド型iD」も提供しており、こちらはその名のとおりプリペイド型電子マネーに該当するタイプ。

…先に解説したとおりポストペイ型電子マネーのiDは、電子マネーというよりも「決済用ツール」と考えたほうが分かりやすく、お得な使い方も基本的にはそれを基準にして考えたほうが分かりやすいかもしれませんね。

交通系電子マネー

交通系電子マネーで最もユーザー数の多い「Suica(スイカ)」をはじめ、交通系というジャンルだけでも数はかなり多いです。

その仕組み上、一般的にはその地域で発行されている交通系電子マネーを利用することが多くなるでしょう。

Suica

人口の多い首都圏を中心とした電子マネーであるため発行枚数も多く、Suicaは交通系電子マネーの代表的な存在に。

JR東日本の「決算説明会資料」によると、利用可能店舗数は2019年3月時点で60万店舗を超えており、これだけでも利便性の高さを感じさせますね。

また、2017年の大きな変更点といえばSuicaポイントの統合!

Suicaの独自ポイントであった「Suicaポイント」が、2017年12月で「JRE POINT」に統合されたことにより、以前よりポイントの使い勝手がよくなりました。

…そんな交通系電子マネーのみならず電子マネー業界全体で普及率No.1となっているSuicaですが、Suicaのチャージ用としておすすめするお得なカードが「ビックカメラSuicaカード」です。

なんといってもおすすめポイントは年会費が「実質的に無料」であること。

厳密には1年に1回以上使用するだけで年会費無料となる条件ですが、これだけハードルの低い条件ならクリアは容易なので無いに等しい条件といってよいかと。

もう1点のおすすめポイントはチャージのポイント還元率。

SuicaのチャージでビックカメラSuicaカードを使用すればなんと「通常の3倍分のポイント付与」、つまり「+1.5%」の高還元率になります。

ビックカメラSuicaカードは「年会費実質無料&チャージポイント3倍」…この2つの特長を併せ持った魅力的な1枚なので非常におすすめ!

流通系電子マネー

流通系電子マネーで多くの利用者を獲得している電子マネーといえば楽天Edy、WAON、nanacoの3つでしょう。

多くのユーザーを獲得しているこの3枚について紹介したいと思います。

楽天Edy

流通系電子マネーといえば発行枚数No.1の楽天Edy。

加盟店舗数が40万店以上と多いので色々なお店で使いやすく、そして何より楽天ポイントを獲得できるというのが嬉しいところですね。

楽天といえば楽天カードはポイント獲得に欠かせない存在となっていますが、楽天Edyのチャージのときでも使用すればポイントを獲得することができます。

つまり、① 楽天カードによるチャージ分(+0.5%)と、② 楽天Edyでの支払い分(+0.5%)として合計+1.0%のポイント2重取りが完成しますね。

…ただ残念なのはその還元率。

楽天カードは楽天市場以外での使用は還元率+1.0%のカードですが、楽天Edyのチャージについては+1.0%ではなく+0.5%と半分に減ってしまいます。

そこは関連サービスなんだからせめて+1.0%のままでよくない!?…と、そんな風に考えてしまうのは自分だけでしょうか…。

ポイント還元率だけで言えばそのまま楽天カードを使っても+1.0%…。

楽天カード+楽天Edyと面倒なチャージ作業を増やしても+1.0%…。

…うーん、やっぱり還元率にはちょっとした特典が欲しいところ。

ちなみに、チャージでお得なのはリクルートカードの「還元率+1.2%」で、楽天Edy支払い分の+0.5%と合計すれば「+1.7%」に。

還元率の数値的には高くて魅力的ではありますが、ポイントがバラバラで互いに交換もできないポイントというのが欠点。

関連記事:「お得術!楽天カード入会ポイントを2重取りする作り方」

WAON

WAONはイオンが発行している電子マネー。

2015年度の年間利用金額が2兆円を突破しており、利用金額というジャンルにおいては日本国内1位の電子マネーとなっています。

あと、イオンの公式発表では2016年時点で利用可能店舗数は20万店舗以上。

店舗数は楽天Edyに比べればやや控えめですが、イオングループ以外での利用可能店舗も増えているため、決して使い勝手は悪くないと思います。

楽天Edyと同じように、チャージの際にクレジットカードを使うことでポイントを獲得できますが、その対象となるカードは「イオンカードセレクト」のみ。

(※ キャンペーンでポイントが貯まるカードも一部ありましたが、常時ポイントが貯まるのはイオンカードセレクトのみ。)

ポイント重視であればクレジットカードでのチャージ推奨ですが、WAON用にわざわざクレジットカードを発行しなければ…というケースも少なくありません。

それでもポイントを重視するならこの組み合わせは必然的に必須の組み合わせとなるため、WAONをお得に活用するなら検討の価値ありでしょう。

nanaco

セブンイレブンといえばやっぱりお馴染みの「nanaco(ナナコ)」。

やや古い情報では利用可能店舗数の少なさがデメリットになっていましたが、公式サイトによると2019年4月時点で40万店以上となっているので、そのようなデメリットはすでに過去のものとなっており、以前よりもずっと使いやすくなっていますね。

…そんな利便性の増してきたnanacoの仕様変更。

2019年7月よりポイント還元率を+1.0%から半分の+0.5%へと半減。

…で、減った分は「セブンマイルプログラム」のリニューアルにより、決済時にスマホアプリ提示で+0.5%され、仕様変更前より手間をプラスすることで同率の還元率を維持できるという状態に。

一方、チャージでお得なクレジットカードの組み合わせについて。

そもそも仕様変更によりnanacoのチャージお得用カードは少数…。

それでも還元率の高さでおすすめなのは「リクルートカード」。

リクルートカードは「無条件で年会費無料&高還元率+1.2%」とコスパに優れた1枚で、nanacoのチャージ用カードとしても広くおすすめされていますね。

以前はポイントの使い道がデメリットでしたが、各ポイントサービスとのポイント交換が可能になったため、還元率の高さを活用しやすいかなと思います。

関連記事:「突破せよ!nanacoチャージ上限超えのお得術」

タイトルとURLをコピーしました