これぞ必読!ポイントサイト初心者向け攻略メソッド

これぞ必読!ポイントサイト初心者向け攻略メソッド

ポイントサイトと一口にいってもサービスの数は多く、初心者は最初にどれを選べばいいのか分からない…といったケースが多くなります。

合わないポイントサイトを選んでしまうとなかなか効率良くポイントを稼げず、初期の段階でポイ活(ポイント活動)をやめてしまう人もいますからね。

ここではそんなポイントサイトの未経験者向けに、ポイントサイトをうまく導入して有効活用できるよう、分かりやすさ重視の情報をまとめています。

ここでしっかりと自分に合ったポイントサイトを選び抜き、早々にステップアップして初心者を脱却しましょう。

初心者がまず考えるべきこと

基本的にポイントサイトには万人に合うような理想的なものはありません。

それは初心者に限定した場合でも同じことがいえます。

なぜならポイントサイトには、それぞれにこの案件なら高ポイントを獲得できるが、こちらの案件では他の方がおすすめ…といった「強み・弱み」が存在するからです。

ゆえに初心者の方にまずおすすめするのは、①自分のポイント獲得方法を決めること、②獲得方法を決めてからそれに適したポイントサイトを選ぶ…ということ。

冒頭でポイントサイトが多数存在するという話をしましたが、ポイントを獲得する方法だって選択肢は色々あります。

…そしてその獲得方法にもサイトによって強み・弱みがあります。

そのため、まずは自分の方向性をしっかり決めておかないと、自分に最適のポイントサイトを見つけ出すことも難しいというわけです。

初心者は最初に獲得方法を考えず、還元率の高さだけでポイントサイトに飛びついてしまいがちですが、ポイントサイト選びは獲得方法を検討してからの方が順番としてはおすすめです。

ポイント獲得の選択肢を項目別におおまかに分類したので、以下の一覧を参考に獲得方法をまずは考えていきましょう。

項目別 獲得種別
獲得方法 個人のみ 友達紹介
(ティア制度)
獲得案件 買い物系 登録系
契約系
利用サイト 単数 複数
(少数・多数)

これだけだとまだまだ漠然として方向性を決めるのは難しいため、以降の各項目に掲載している詳しい解説をご覧ください。

ポイント獲得方法の選択肢

ポイントを稼ぐ方法には大きく分けて2種類あり、それは個人で稼ぐことをメインにするか友達紹介をメインにするかです。

初心者向けの個人メイン

個人のみでポイ活するのであればポイント獲得は自分の活動次第!

一般的に個人の活動のみが主軸となるのでブログやSNSなどを準備する必要はなく、活動規模も小さくなるので管理面では非常に楽ですが、爆発的にポイントを稼ぐことにはあまり期待できません。

ただし、入門や体験という意味ではやっぱり勉強になるし、まずはここから始めるのが基本中の基本となるでしょう。

また、ポイントサイトのおおよその流れを把握する機会にもなり、そこで得られる知識は友達紹介メインに切り替える場合にも活用しやすいです。

初心者はご注意の紹介メイン

もう一方の友達紹介メインは一気に難易度が高くなります。

これは友達が獲得したポイントの何%かが自分にも付与されるという仕組み「ティア制度(ダウン報酬)」を利用する方法。

ポイントサイトによりティア制度の還元率の優劣があるため、友達紹介をメインにするならこのあたりもしっかりチェックしておきたいところです。

このタイプは最低でもブログやSNSなど、「友達紹介」のためのメディアが必要となり、すでに多数存在している紹介者と競合する形になるため、中級者から上級者の選択肢になります。

難易度は高いですが型にはまれば10万や20万と大きく稼げる可能性があり、人によっては100万円以上を稼ぐことも。

そういった理由から友達紹介には大きなロマンを感じますね。

しかし、当然ながら誰もが爆発的に稼げるわけではないのでご注意!

友達紹介での競争率は年々高くなっているので、初心者がいきなり知識ゼロで挑むのはあまりにも無謀といえるでしょう。

最初から全力で友達紹介をメインにすると心をバキバキに何度も折られることになるので、最初は効率はいまいちでも個人メインでコツコツとポイントの稼ぎ方を勉強していくのがおすすめです。

関連記事:「厳選!おすすめのポイントサイトを徹底比較!」

初心者におすすめの買い物案件

ポイント獲得案件も大きく分かると2種類があります。

基本的に何度も繰り返して獲得可能な買い物系(ネットショッピング)での獲得をメインにしたタイプと、会員登録や月額契約など1回限りだが比較的高ポイント設定の契約系を利用するタイプです。

■ 買い物系
ネットショッピングの利用頻度が多ければ多いほど、このタイプで高還元率を設定しているポイントサイトを選ぶことでポイントを稼ぎやすくなります。

日常的に利用しやすいという敷居の低さで初心者にも取り組みやすく、地味ですがコツコツとポイントを獲得しやすいので継続もしやすいというのがメリット。

買い物系の案件は比較的初心者向けではありますが、上級者になっても扱っていける案件なので、きっちりと基本の流れを勉強しつつ独自のネタを発見したら今後のためにもしっかりメモしておきましょう。

関連記事:「なんと還元率 2%!ポイントサイト経由でAmazonをお得に!」

■ 契約系
会員登録や月額契約などポイントを獲得できるのは1回だけですが、その分多めにポイントを獲得しやすいのがこのタイプで、低還元率でも繰り返し利用可能な買い物系と逆のタイプといえるでしょう。

高ポイントを設定していることは多いですが、ポイントサイトによって設定されているポイント数に差があることが多く、複数サイトを運用する方法と相性が良くなります。

例えば楽天カード案件はポイントサイト経由だけで5,000ポイント以上獲得できるサイトもありますが、たったの500ポイント程度しかもらえないサイトもあります。

(※ 楽天カードをお得にゲットする情報については「お得術!楽天カード入会ポイントを2重取りする作り方」をご覧ください。)

初心者は少数精鋭がおすすめ

理想だけを考えれば何らかの会員登録や契約をする際に、その都度最も高ポイントを設定しているポイントサイトを利用することでしょう。

しかし、これは初心者が失敗しやすい方法でもあるのでご注意!

登録したポイントサイトを継続して利用できればいいのですが、1度の利用だけだと獲得のないユーザーは一定期間でポイント失効となるケースが多いです。

(※ ポイントサイトのポイントには有効期間がないことが多いですが、6ヶ月や12ヶ月などの一定期間にポイント獲得がない場合、ポイントを失効したり会員資格そのものを失ったりすることがあります。)

貴重なクレジット案件で高ポイントを獲得できても、その後の獲得がなくて失効したなんて話もよく聞きます。

つまり、色々なポイントサイトに手を出して分散させすぎると、せっかく獲得したポイントを失ってしまうという失敗を初心者はしがちなのです。

複数のポイントサイトを運用することはポイントのことを考えれば理想的ですが、初心者は1サイトもしくは2~3サイトまでにとどめておくのがよいかと。

おすすめは強みを持つ特化タイプ、もしくは強みはなくとも総合力に秀でたタイプで絞り込むのがいいでしょう。

初心者向けのポイントサイトとは?

万人向けのポイントサイトというのはありませんが、初心者向けの扱いやすいポイントサイトがあるので簡単にご紹介。

現状の状態で最も扱いやすいと思われるのはモッピーで、次点にはポイントタウンをおすすめしています。

まずモッピーをおすすめする理由としては、広告掲載数が豊富でティア対象外が少ないこと、Amazonを対象にポイントを稼げる希少なポイントサイトであること。

加えて、ポイントサイトの中では運営会社の規模は大きく株式上場しており、現在の業績も安定していることがおすすめのポイントです。

Amazonの利用でポイントを獲得できるという強みに加え、全体的に総合力の高さとバランスの良さがあるため、長期利用する分には申し分ないサービスではないかと。

Amazonユーザーなら余計に愛用しやすいサービスになるでしょう。

関連記事:「なんと還元率 2%!ポイントサイト経由でAmazonをお得に!」

…続いては次点のポイントタウン。

ポイントタウンもやはり大手が運営するポイントサイトで、現状では特に楽天市場に強みを持っていることからその場合の選択肢としておすすめになります。

ポイントタウンは友達獲得分を対象外としている広告も少なくないため、そのあたりはサブサイトとしてモッピーを利用するなどカバーしてあげるのもおすすめです。

愛用するネットショッピングによっておすすめは違ってきますが、現状では基本的にこのあたりを選んでおけばポイントを獲得しやすいと考えます。

関連記事:「重ね取りでお得に!楽天市場のポイントサイト経由」

初心者向けも徐々に変化している?

この記事では初心者向けのポイントサイトとして、特に2つのサービスを紹介させていただきましたが、当然ながら初心者向けも時代の流れとともに変化します。

以前はおすすめでも2番手・3番手に落ちるケースは少なくありません。

これはポイントサイトに限らずあらゆるサービスにおいて必然的なことであり、ポイントサイトにおいてももちろん起こり得ることなので仕方ありませんね。

もう少し踏み込んで話すと、ポイントサイトも利益があるから運営ができわけであり、その利益を出すためにユーザーにとっての改善・改悪といった調整を繰り返します。

また、ポイントサイトは競合するサービスも多いので調整が入ることは多く、こういった諸事情により優劣が変化するというわけです。

こればかりは情報のアンテナを張り、ポイントサイトの方向性次第ではメインを変更するという柔軟な対応も必要なので、そのこと自体は認識しておくのがいいでしょう。

今回はとりあえず初心者向けと思われる2つのポイントサイトを紹介させて頂きましたが、今後も調整により変動する可能性はあるのでご注意ください。

もしもさらに多くのポイントサイトから比較したいというのであれば、別記事の「厳選!おすすめのポイントサイトを徹底比較!」にて各ポイントサイトの情報を掲載しているので、そちらも参考にしてみるのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました