ポイント獲得できる?nanacoで税金&公共料金支払い

ポイント獲得できる?nanacoで税金&公共料金支払い

セブンイレブンではnanacoを使って各種税金の支払いができます。

税金だけでなく公共料金なども支払うことができますね。

そういったことから、「じゃあ、nanacoを使って支払えばポイントがもらえてお得に?」…という質問をネットで見かける機会も多いです。

そこで今回はこういった疑問を解決し、加えてnanacoを使った税金&公共料金支払いが「本当にお得なのか?」についての情報をまとめてみました。

自分がそうであったように、この方法でお得になる人は決して少なくないため、内容をしっかり確認して有効活用できるようにしておきましょう。

nanacoで税金&公共料金支払い

冒頭ですでにサクッと結論を書いてしまっていますが、nanacoを使って税金や公共料金の支払いは可能です。

それは「コンビニ収納代行サービス」と呼ばれるもので、コンビニ各社が行なっているサービスの一種ですが、セブンイレブンではnanacoを使った支払いもできます。

これには自動車税や住民税などお馴染みの税金から電気料金、水道料金などの公共料金に加え、各種保険料、国民健康保険料、国民年金保険料も含まれます。

(※ 詳しくはnanaco公式サイトの「ご利用可能なお支払方法」にも掲載されているのでチェックしておきましょう。)

税金支払いでポイント付与なし?

…ただし注意しておきたいのはポイント付与のこと。

税金や公共料金の支払いでnanacoを使っても、nanacoポイントは一切付与されることがありません。

セブンイレブンでnanacoを使って1万円の自動車税を支払おうが、5,000円の電気料金を支払おうが付与されるnanacoポイントは「0ポイント」です。

結果的に「支払いのとき」に限って言えば、nanacoで支払っても現金で支払っても「お得さ」という意味で違いはありません。

まぁ、nanacoの方が支払いはスピーディーですけどね。

税金支払いでポイント獲得方法

しかし、税金や公共料金は「支払い時のポイント付与対象外」というだけで、nanacoへチャージすることによって獲得できるポイントがあります。

(※ これには当然ながらnanacoチャージでポイント付与対象となるクレジットーカードを使ってのチャージが必須!)

…つまり、確かにnanacoでも「税金の支払い時」にポイント付与はありません。

しかし、nanacoは税金や公共料金の支払いに使用することができ、加えてチャージによるポイント獲得も可能となっています。

あくまで「間接的に」ではありますが、この方法によって税金などの支払いでポイントを獲得できるのと同じ意味として扱っているわけです。

ネットを通じて見かける情報においても、「税金や公共料金支払いはnanacoならポイント獲得できる!」といった魅力的な文言になっていますが、要はそういった細かい点を省略して表現しているだけです。

まぁ間接的とはいえ、税金や公共料金の支払いでポイントを獲得できる貴重な選択肢ではあるので、節約重視ならしっかりチェックしておきたいですよね。

Yahoo!公金支払いや自治体でも

このページのメインテーマはnanacoについてではありますが、税金&公共料金の支払いはnanaco以外にもあるので確認しておきましょう。

実は各地方自治体でもクレジットカード支払いに対応しているところは徐々に増えており、nanacoを使った「間接的ポイント獲得術」を利用しなくても、直接的にクレジットカード支払いでポイントを獲得することもできるようになってきています。

もちろん全てが対応してくれているわけではないので、気になる場合は先に各地方自治体のWebサイトなどをチェックしてみることがすすめられます。

また、他にも「Yahoo!公金支払い」というWebサイト上のサービスもあります。

Yahoo!公金支払いはそのサイトを通じて、各地方自治体へ支払いするための「ポータルサイト」としての役割を担っています。

ただ、掲載されている自治体の数は多いとはいえないため、興味があれば事前にチェックしておいたほうがいいでしょう。

…せっかくなので簡単な比較もしてみたいと思います。

nanacoは税金の支払いであっても間接的にポイントを獲得できますが、肝心のポイント付与対象となるクレジットカードが少ないのはデメリットになるかもしれません。

これに対して各地方自治体及びYahoo!公金支払いでは、基本的に幅広いクレジットカードを使えるため、このあたりの使い勝手ではnanacoはやや不利。

ただし、そうなると気になってくるのが決済手数料。

各地方自治体及びYahoo!公金支払いでは、クレジットカードで支払う際に必ず「決済手数料」が必要となります。

下手するとクレジットカード支払いによるポイント付与と決済手数料で、「プラスマイナス・ゼロ」なんてことになる可能性もあるわけです。

納付金額や還元率次第ではマイナスになる可能性だってあります。

そういった手数料や利便性までひっくるめて総合的に考慮してみましょう。

お得になるクレジットカードが限定されてもまだまだ選択肢があり、手数料不要となっているnanacoはやっぱりコスパにおいて優秀なため、節約を重視する人の場合は優位性が高そうですね。

nanaco以外でも同様の方法?

nanacoを使ってセブンイレブンで支払う方法のように、ミニストップでもWAONを使って同じように税金や公共料金を支払うことができます。

もちろんnanacoと同じように「間接的ポイント獲得術」も実行可能!

…ただしネックになるところが2つ。

ひとつはWAONのチャージで常時ポイントを獲得することができるのは、今のところ「イオンカードセレクト」のみということ。

この組み合わせ限定という縛りがユーザーの向き不向きの分かれ目に。

また、ミニストップの店舗数も問題となる要素のひとつ。

ミニストップはコンビニ業界では第4位に位置していますが、店舗数だけで見ても上位の3つに大きく離されており、ちょうどいい近場にミニストップ自体がないという人も比較的多くなります。

つまり、WAONはnanacoと同じ利用方法は可能であるものの、こういった問題点によりやや使いづらいというのがデメリットになってしまうわけです。

例えばイオングループのヘビーユーザーで、WAONとイオンカードセレクトを使うことにメリットがあり、かつミニストップが近くにあるという好条件が揃うと、有用性は一気に高まりおすすめの選択肢となってくるでしょう。

nanacoとのお得な組み合わせ

税金&公共料金の支払いでnanacoを使うとき、どうせならチャージによるポイント獲得がお得なクレジットカードをしっかりと厳選しておきたいところですよね。

そこでおすすめなのが「年会費無料&高還元率」のリクルートカード。

今のところnanacoと抜群の好相性となっている1枚です。

このページの途中でも少し触れていますが、nanacoはチャージによってポイントを獲得できるクレジットカードがあまり多くありません。

そんな中でも、年会費無料でありながらポイント還元率において1歩抜きん出たリクルートカードの還元率はなんと「+1.2%」!

その優れたポイント還元率から各種電子マネーのチャージ用として使われたり、クレカ特約などのないサービスにおいても非常に頼もしいカードです。

…ただし、注意すべきことがひとつ。

それは、nanacoへのチャージによるポイント加算は、リクルートカードの仕様により「月3万円まで」となっていること。

ちょっとした使い方なら困るような制限ではありませんが、nanacoのヘビーユーザーであった場合はちょっと注意が必要になるかもしれません。

一応、リクルートカードはブランドを別にすればもう1枚所有できます。

nanacoもさらに1枚追加して「ダブル2枚持ち」にすれば、nanacoをさらに使いやすくできるので困ったときの参考までに。

関連記事:「ポイントの価値に注意…リクルートカードのデメリットとは?」

タイトルとURLをコピーしました