なんと還元率「+7.5%以上」…ツルハのポイントお得術で安く!

なんと還元率「+7.5%以上」…ツルハのポイントお得術で安く!

ツルハドラッグストアは業界でも大手のひとつ。

ツルハのみでも1,000店舗以上が展開されていますが、グループ総店舗数では2,000店舗を突破(2019年6月時点)しており、店舗数は全国でも1位の会社に。

また、店舗数についてはドラッグストア業界初の偉業達成にもなっていますね。

…そんな以前よりずっと身近になったツルハですが、せっかく利用するのであればやっぱり少しでもお得に利用したいところ。

もちろんツルハにも知っておくとかなり違ってくるお得術があります。

今回はツルハで「還元率+7.5%以上」を可能にできる非常にお得な方法をじっくりと分かりやすく解説したいと思います。

ツルハポイントの基礎知識

まずはツルハポイントの基本的な仕組みを理解しておきましょう。

初見ではちょっと分かりづらい部分もあると思うので、基本的な部分は最初にしっかりと押さえておくことがすすめられます。

まずは初級編として基礎中の基礎である基本ポイントから…

種別 医薬品
制度化粧品
ほか
ポイント +1.0%
(100円で1P)
(税抜き)
+0.5%
(200円で1P)
(税抜き)

ドラッグストアらしい独自のポイント付与区分がありますね。

「医薬品・制度化粧品」とそれ以外で付与されるポイントが異なります。

一見すると「ほか」に該当する商品は「還元率+0.5%」と不利に思えますが、還元率をかなり高めることができるのでツルハの優先度は決して低くありません。

ツルハにはランク制度あり

ツルハでは利用頻度が多くなるほどお得なランク制度が導入されています。

前年度の利用金額が「10万円以上」でゴールド会員(ポイント2倍)となり、利用金額「20万円以上」でプラチナ会員(ポイント3倍)になります。

例えば、一般会員で医薬品を購入すれば100円ごとに1ポイントですが、プラチナ会員の場合なら100円ごとに3ポイントが付与されることになります。

種別 一般 ゴールド プラチナ
医薬品
制度化粧品
+1.0%
(100円で1P)
+2.0%
(100円で2P)
+3.0%
(100円で3P)
ほか +0.5%
(200円で1P)
+1.0%
(200円で2P)
+1.5%
(200円で3P)

ポイント2倍・3倍なんて聞くとなんだかお得な印象を感じてしまいますね。

しかし、ゴールド会員でも年間10万円となれば月に8,000円以上、週に換算すると2,000円以上は必要なので、条件達成難度はやや高めかもしれません。

クーポンを使ってさらにお得に!

ツルハのお得術においてポイント還元率は確かに最重要ですが、定番となっているクーポンの存在を忘れてはいけません。

ツルハグループが運営する「FAN!」というクーポンサイトでは、誰でも利用可能なフリークーポンと会員限定クーポンが配布されています。

クーポンを使用した場合、クーポン分の金額を差し引いた後の金額がポイントの計算対象になりますが、併用は可能なのでガンガン使っておくのがおすすめです。

(※ 参考:「ポイントカードのご案内」 ツルハドラッグ)

ツルハにはお得な日あり

ツルハにも割引やポイントでお得な日があります。

こちらはスケジュールに気を付けるだけなのでランク制度に比べれば難易度はやさしく、ツルハのライトユーザーでも率先して狙っておきたいところですね。

…まずひとつめは「ポイント2倍デー」。

毎月5・15・25日といった「5のつく日」に、「一般会員限定」でポイントが2倍になるというお得な日です。

一般会員限定となっているので、難易度の難しいゴールド会員やプラチナ会員が対象外になるのは残念ですが、ライトユーザーには嬉しいところですね。

種別 一般 ゴールド プラチナ
医薬品
制度化粧品
+2.0%
(100円で2P)
+2.0%
(100円で2P)
+3.0%
(100円で3P)
ほか +1.0%
(200円で2P)
+1.0%
(200円で2P)
+1.5%
(200円で3P)

(※ 参考:「ポイント2倍デー」 ツルハドラッグ)

…そして、もうひとつは「お客様感謝デー」。

毎月1・10・20日に「5%OFF」になるというお得な日で、ポイントカードを提示すれば割引を受けることができます。

もちろん割引後の金額を対象にポイントも付与されるため、「5%OFF+ポイント還元」で2重においしい日といえるでしょう。

また、ポイント2倍デーと違って会員ランクは限定されないため、こちらは全ランクの会員にメリットがあります。

一般会員はもちろんのこと、ゴールド会員やプラチナ会員は可能な限り狙っておきたい優先度の高い日になりますね。

(※ 参考:「お客様感謝デー」 ツルハドラッグ)

楽天ポイントカードの併用可

ツルハでは楽天ポイントカードの使用が可能です。

それどころか、ちょっと面白いのはポイントカードを併用可能なところ。

なんと、楽天ポイントカードだけでなくツルハカードも一緒に提示すれば、一気に両方にポイントが付与されます!

一般的に複数のポイントカードに対応している場合、ポイントが付与されるのは1種類のみということが多いので、非常に珍しいポイント2重取りの形になりますね。

(※ 楽天ポイントカードは200円で1ポイント。)

例えば一般会員で医薬品を購入すれば以下のような感じに。

ポイント獲得方法 一般会員
ツルハポイントカード提示分
(医薬品・制度化粧品)
+1.0%
楽天ポイントカード提示分 +0.5%
合計 +1.5%

これだけでポイント2重取りになり合計+1.5%のポイントを獲得可能に。

あと、さらに楽天ポイントを獲得したい場合、支払いに楽天カード(還元率+1.0%)を使用すれば、もっと効率良く楽天ポイントを貯めやすくなりますね。

関連記事:「お得術!楽天カード入会ポイントを2重取りする作り方」

ポイント重視の組み合わせ

さらにポイントを重視した組み合わせもあります。

それは「d払い」とクレジットカードを組み合わせるという選択肢。

d払いとは?
街での利用ではQRコードなどを読み取って支払ったり、ネットではパスワードを入力して支払ったりできる決済サービスの一種。そっくりだけど「ドコモ払い」とは別物で、d払いはドコモの携帯を契約していなくても利用可能。

d払いはあくまで「決済用ツール」であり、直接支払い能力を持つわけではないため、クレジットカードなどを登録する必要があります。

そんなd払いの素敵なところはd払いを使用するだけでも、「d払い利用分」としてポイントが付与されるところにあります。

ここまでに解説した分も含めてまとめてみると、ポイント還元率は以下の一覧のような感じになります。

ポイント獲得方法 一般会員
dカードで支払分 +1.0%
d払いの利用分 +0.5%
楽天Pカード提示分 +0.5%
ツルハPカード提示分 +0.5%~
合計 +2.5%~

これだけでもポイント還元率は+2.5%と非常にお得ですね!

補足するとdカードを「リクルートカード(還元率+1.2%)」にすれば、ポイント還元率の合計は+2.7%ともうちょっとお得にすることもできます。

ただ、獲得できるポイントはバラバラになってしまうので、そのあたりの向き不向きは自己判断にて考えておくことがすすめられます。

(※ ポイント交換で「リクルートポイント → Pontaポイント → dポイント」と交換すれば、最終的にdポイントに交換することは可能。)

…このようにツルハは「クレジットカード+スマホ決済+ポイントカード2枚併用」で、ポイント4重取りと非常にお得な還元率にすることができるため、節約志向の方はぜひ参考にしてみてください。

関連記事:「ポイントの価値に注意…リクルートカードのデメリットとは?」

お客様感謝デーを忘れずに!

あと、忘れてはならないのが「お客様感謝デー」!

そう…前項目で紹介したポイント還元率+2.5%~には、1・10・20日のお客様感謝デー分を含んでいませんでした。

つまり、この分も含めて合計してみると…

ポイント獲得方法 一般会員
お客様感謝デー 5%OFF
dカードで決済分 +1.0%
d払いの使用分 +0.5%
楽天ポイントカード提示分 +0.5%
ツルハポイントカード提示分 +0.5%~
合計 +7.5%~

5%OFFが含まれているので厳密に言えばちょっと違うのですが、それでも還元率「+7.5%」とずいぶん見栄えのする数字になりますね。

(※ 医薬品・制度化粧品&プラチナ会員なら+9.5%。)

そこそこの利用頻度ではプラチナ会員になるのは少々ハードル高めですが、最初からなれる一般会員でも+7.5%を実現できるのは魅力的ですね。

カードとスマホ決済の組み合わせは確かに重要ですが、買い物日の調整だけで利用しやすい「お客様感謝デー」との組み合わせも忘れずに!

d払いはさらにその先の高みへ!

ここまででも非常にお得な還元率となっていたd払いですが、2019年6月より開始された「スーパー還元プログラム」により、さらにお得になる可能性も!

スーパー還元プログラムは簡単に言うと各特定条件をクリアすると、ポイント還元率が「最大+7.0%」になるというポイント還元サービス。

基本的に課金が必要になる条件がほとんどなので、いずれも条件クリアは簡単にはいかず、利用可能なサービスがないと全く活用できない可能性もあります。

スーパー還元プログラム分までポイント還元率を加味すると…

ポイント獲得方法 一般会員
お客様感謝デー 5%OFF
dカードで決済分 +1.0%
d払いの使用分 +0.5%
スーパー還元プログラム +1.0%~
楽天ポイントカード提示分 +0.5%
ツルハポイントカード提示分 +0.5%~
合計 +8.5%~

全ての条件をクリアできる人はごく一部の限られた人だけでしょうが、上記の組み合わせで「医薬品・制度化粧品&プラチナ会員」なら+9.5%になるので、スーパー還元プログラムの全条件をクリア(+7.0%)すると合計で最大「+16.5%」に!!

スーパー還元プログラムの条件クリアは向き不向きがハッキリしているので、利用したいサービスがあれば別ですが無理に利用するのは得策とは言えません。

スーパー還元プログラムを抜きにしてもツルハドラッグでのd払いはとてもお得なので、まずはお金のかからないところでポイント還元を狙っていくのがおすすめです。

関連記事:「10倍以上の重ね取り!お得な楽天ポイントの貯め方」

タイトルとURLをコピーしました