突破せよ!nanacoチャージ上限超えのお得術

突破せよ!nanacoチャージ上限超えのお得術

nanacoと言えば税金や公共料金などの本来ポイントを獲得できない支払いにおいても、間接的な方法でポイントを獲得できるお得術が知られるところですよね。

「そういったお得術ならフル活用したい!」といった場合でも、ちょっとした注意を必要とするのが「nanacoのチャージ上限金額」です。

そもそもnanacoのチャージ上限はあまり大きな金額ではないため、まとまった金額が必要になると一般的な方法では対応しづらいシーンも。

そういったときに便利なのが「nanacoチャージ上限超えのお得術」。

有効活用できるケースも少なくないと思うので今後の参考としてご覧ください。

nanacoのチャージ上限とは?

現在チャージ方法は現金とクレジットカードの2種類ですが、そのどちらでもnanaco自体のチャージ上限は等しく「5万円」となっています。

ただし、チャージ方法によってはそれ以外の上限(制限)もあるのでご注意。

nanacoチャージ上限の基本編

クレジットカードの場合は「1日のチャージ上限」や「チャージ回数」など、色々な制限はありますが、現金の場合はそういったものがほとんどありません。

基本的に「1,000円単位で49,000円まで」となっているので、1,000円、2,000円、3,000円、…48,000円、49,000円といった感じでチャージできます。

(※ チャージする端末機によって金額が異なる場合あり。)

1回で5万円までのフルチャージができないのは課税(印紙税)の関係。

どうしてもフルチャージする必要がある場合、49,000円+1,000円、20,000円+30,000円などのように2回以上に分けるしかありません。

それでも現金の場合の注意点はこれくらいなのでシンプルですね。

(※ 参考:「現金でチャージ(入金)」 nanaco)

ちょっと複雑なクレジットカード

クレジットカードの場合は制限が増えるので注意が必要ですね。

とりあえず以下の一覧にまとめているのでご覧ください。

チャージ上限 上限内容
チャージ単位 1回5,000円以上
1,000円単位で3万円まで
チャージ月上限 1ヶ月で20万円まで
チャージ回数上限 1日で3回まで
1ヶ月で15回まで

クレジットカードの場合は1回のチャージに最低金額の条件が加わり、現金のように1,000円だけチャージするといったことはできなくなります。

1回のチャージには最低でも5,000円分は準備しておかないといけませんね。

…さらに「チャージ月上限」と「チャージ回数上限」もあります。

回数上限は1日に3回までしかなく、例えばフルチャージのために2回消費すると残り1回になったりするので、細かいチャージには注意が必要となるでしょう。

回数上限だけならフルチャージのための2回×7回で14回…合計で35万円までチャージすることができたのですが、1ヶ月のチャージ上限として20万円という制限もあるため、回数上限をクリアしても月の上限にひっかかることになります。

複数の支払いが重なるような月は特に注意しておきましょう。

…このようにクレジットカードの場合だと、1ヶ月のチャージ金額や月単位&日単位でのチャージ制限があるため、若干わずらわしく感じるところもあるかもしれません。

一応はクレジットカードによる制限を受けた後でも、チャージ制限のない現金でチャージすることはできます。

しかし、クレジットカードには「ポイント還元」という魅力的な特典があるため、多少のわずらわしさがあったとしても、お得さで考えるとそれでもクレジットカードの方が圧倒的におすすめというわけです。

チャージ上限の突破方法①

この方法は「5万円超~10万円以下」の金額であれば、たった1枚のnanacoで支払いできてしまうという方法。

ただし、この方法は作業手順がどうしても複雑になるのでご注意ください。

センターお預り分という枠

一般的に通常の使い方であれば、最初にnanacoのチャージ上限を解説したとおり最大でも5万円までしか枠はありません。

そんなときに有効活用できるのが「センターお預り分」です。

センターお預り分ってなに?

まず基本の流れとして、そもそもクレジットカードでチャージした金額は、nanacoの電子マネーとして即利用可能な状態になるわけではなく、一旦「センターお預り分」としてキープされたような状態になります。

そう、この「即反映されずキープされる」という特性を利用し、それをひとつの「枠」として使ってしまおうというのがこの方法のポイントになるわけです。

センターお預り分の反映

キープされた状態になっているセンターお預り分を、nanacoへ反映(チャージ)させる方法は大きく分けて2通り。

ひとつはセブン銀行ATMで残高確認…もしくはチャージをすることでnanacoに反映させることができます。

こちらは自分で行なう作業ということになりますね。

(※ この場合は当然ながらnanacoの枠に余裕がないとチャージ不可。)

重要なのはもうひとつの反映方法で、それはコンビニレジにてスタッフに「残高確認」をしてもらうことで反映する方法。

今回の上限突破の方法であれば、後者のコンビニスタッフに残高確認してもらうやり方でなければうまくいかないのでご注意。

センターお預り分の流れ

ここまでの話も含めてもう少し具体的に一通りの流れを解説します。

まずはクレジットカードでnanacoに3万円分のチャージを行い、残高確認をしてnanacoにチャージされた状態にします。

次に2万円のチャージで同じ作業を繰り返し、nanacoのフルチャージ状態である上限5万円の状態をつくります。

クレジットカードの場合は「1回3万円まで&1日3回まで」という上限もあるので、今回は一旦8万円分使える状態にするため、もう1度3万円でチャージの作業を繰り返します。

(※ このとき3回目のチャージ分はnanacoに反映させず、センターお預り分になった状態のままにしておくこと。センターお預り分の上限は5万円。)

…あとはnanacoを使って8万円分お支払いをすべくレジへ。

いつも通りnanacoで支払いをするとそのままでは残高不足になります。

そこでコンビニスタッフに「レジにて残高確認」をしてもらえば、その時点でセンターお預り分が反映されて支払い可能な状態…つまりはチャージされるので、これによって8万円でも1枚のnanacoで支払いが完了するというわけです。

(参考:「センターお預り分」 nanaco)

センターお預り分の注意点

注意すべき点としては、まずこの作業自体がやや複雑であること。

センターお預り分をひとつの枠として理解しておかないと、有効活用するにはちょっとハードルが高くなるかもしれません。

加えてこの作業はコンビニスタッフもセンターお預り分について理解しておかないといけないわけです。

しかし、この方法に不慣れなスタッフもいるようなので、スタッフ次第ではお手上げ状態になる可能性があります。

その際にはこちらがしっかりと理解して作業を誘導するくらいでないと、この方法自体が成立しないことも。

(※ 個人的な体験としては、相手が外人スタッフの場合はさらにハードルが上がるケースが多いのでご注意!)

こういった注意点をクリアできるのであれば、nanacoの利便性をちょっとだけ向上させることは間違いないので、おすすめできるやり方ではあります。

あと、すでにお察しの人もいるかと思いますが、コンビニスタッフが慣れた人であっても作業時間はかかるため、この方法は人の少ない時間にしておきましょう。

チャージ上限の突破方法②

実はこれまでであれば「nanacoギフトカード」を使った方法がおすすめでした。

しかし、2019年4月にnanacoギフトカードの販売そのものが停止されてしまったため、この方法は現在では全く使用することができなくなってしまいました。

ここでは自分用の記録も兼ねてその手法を掲載しておきますが、興味のない方はここをすっ飛ばして次の項目をご覧ください。

…このやり方の流れとしては、現在も利用可能な前項目の方法と同じで、nanacoギフトカードを使ってセンターお預り分を有効活用するだけです。

ただし、nanacoギフトカードを使った場合であれば、センターお預り分に5万円を超える金額をチャージしてもエラーにならないというのがメリット。

(※ 現金やクレジットカードの場合だと5万円超えはエラーに。)

また、ギフトカードには1日のチャージ上限が設定されていましたが、その金額は20万円までとクレジットカードよりもはるかに多いため、チャージをわざわざ数日に渡ってする必要がありませんでした。

あとは前項目と同じくレジでの作業だけ。

1度の支払いでnanacoの支払いは5回までとなっているので、5万円×5回の最大25万円分まで1枚のnanacoで支払うことが可能だったのです。

…センターお預り分を利用するためレジでの残高確認…といった手間はあるものの、前項目で紹介した方法よりも少ない手間で多くの金額を支払うことができました。

そういった意味でもこちらの方法はおすすめでしたが、最初にお伝えしたとおりnanacoギフトカード自体が販売停止となったため、この方法は根本的に利用することができなくなっているのです。

なんとも非常に残念な話ですよね。

1度の支払いをまとめない?

すでにご存知の方は当たり前になっているので問題ありませんが、気付かない人はついついやってしまいがちなので注意しておきたい点。

nanacoは通常の方法ではどうしても上限がネックになり、1回の支払いで上限を超えてしまうケースがあります。

そんなときに一度再確認して頂きたいことが、「1度の支払い」で複数の納付書をまとめてしまわないこと。

ついつい面倒だからと複数の納付書を、1度の支払いで済ませてしまおうという人は少なくありません。

…しかし、単純に1度の支払いを分けてしまえば、今回ご紹介したような裏技的な方法を使わなくても支払い可能なケースがあるかもしれません。

気持ち的にレジで2回に分けて支払うというのがやりにくければ、店舗や日にちを別にするという方法もおすすめです。

単純な方法ですが意外にうっかりしていた…ということもありがちなので、この点を今一度見直してみるのもおすすめです。

チャージ上限の突破方法③

こちらの方法はやや事前準備に手間がかかります。

しかし、これまで紹介した方法のように支払い時にコンビニスタッフが「???」とならずに済むこともあり、個人的にもこちらの方が扱いやすいかなと思う方法です。

物量作戦で支払可能金額を増額!

ごく簡単に言うと単なる物量作戦。

すでに書いたように、レジの支払いで1度にnanacoの支払いができるのは「5回まで」となっており、それ以上の回数は使用することができなくなります。

最初から納付書の支払いを分けておくか、分けることができなければ残りを現金にするといったように別の支払方法が必要になります。

そこでnanacoギフトカードを使った方法として紹介したのは、nanaco支払い→残高確認でチャージ…というのを繰り返し、1枚のカードで最大の5回まで利用して支払いを完結する方法でした。

今回紹介する方法ではセンターお預り分を利用しないため、支払い時にレジで残高確認によるチャージをする必要がありません。

それは単純に最初から複数のnanacoを準備して支払いに利用するだけ。

実はnanacoは発行枚数に制限がないようで、作ろうと思えば何枚でも作ることができるようです。

(※ 試しに実行してみましたが少なくとも10枚は普通に発行できました。おそらくはもっと発行することもできそうですね。)

ただし、繰り返しますが1度の支払いに利用できるのは5回までなので、必要に応じて自分に合った枚数を準備するようにしましょう。

この方法は単純に…物量的にnanacoを使うだけなので、先に紹介した方法ほどスタッフの手間になることもなく、支払い時に余計な説明をする必要もありません。

同じクレカは登録できない?

一見すると便利そうなこの方法ですが、最大のデメリットは複数のnanacoに対して同一のクレジットカードを登録できないことです。

つまり、例えばnanacoカードを3枚用意して利用しようと思えば、クレジットカードも同じ枚数だけ必要になります。

当然ながら全て現金でチャージするのであればこの制限は全く関係ありません。

しかし、大前提としてクレジットカードのポイント還元を優先したいと言うのであれば、事前にしっかりとクレジットカードを準備しておくことがすすめられます。

やっぱりお得な方法で支払いをしたいですよね。

この件で注意すべき点としては、nanacoのチャージに使用可能なクレジットカードはそもそもあまり多くはありません。

しかもその中でポイントが付与されるのは本当に一部のカードのみです。

(※ 仕様変更によりチャージによるポイント付与対象が減少。)

セブンカード・プラス

「セブンカード・プラス」はその名のとおりセブンイレブンの発行カード。

自社発行のクレジットカードなのでポイント還元率に期待が高まるところですが、還元率は「+0.5%」とやや控えめ。

ただ、ネックだった年会費が完全に無料となったので、所有するハードルは大幅に下がっていると思います。

(※ 仕様変更前は「前年度5万円以上の利用で年会費無料」でしたが、2019年7月より「無条件で年会費無料」へと仕様変更。)

「将来的にポイント付与対象はセブンカード・プラスだけになるのでは?」…と、推察する専門家もいるように、先のことを考えると唯一安心感のある1枚かもしれません。

…まぁ、もちろん仕様変更があってから切り替えてもいいわけですが…。

対応ブランドは今のところVISA、JCBの2つですが、ブランドを別にすればいわゆる「2枚持ち」をすることも可能です。

例えば1枚目のnanacoにはセブンカード・プラスのVISAを登録し、2枚目のnanacoにはセブンカード・プラスのJCBを登録するといった感じになりますね。

Yahoo!JAPANカード

Yahoo!ショッピングを利用するなら欠かすことのできないおすすめカード。

基本還元率は+1.0%ですが、nanacoへのチャージでは還元率「+0.5%」に。

(※ 非常に残念ながら2018年2月の仕様変更により、還元率+1.0%から+0.5%と減少してしまいました。)

それでも数少ないポイント還元対象のカードなんですよね。

ただ、仕様変更のあった同日付より、ポイント加算対象のブランドがJCBだけでなくVISAやMasterCardも対象になったのはメリットでしょう。

…あと補足ですが、セブンカード・プラスのようにこのカードも2枚持ちできればよかったのですが、Yahoo!JAPANカードの場合は国際ブランドを別にしても2枚持ちすることは不可能となっています。

今回のようにnanacoを複数枚でお得に利用しようという場合、Yahoo!JAPANカードは1枚だけしか利用できないということになりますね。

リクルートカード

nanacoとの組み合わせとして、最もコスパの優れたクレジットカードといえば「リクルートカード」があります。

その基本ポイント還元率は「+1.2%」!

残念ながら仕様変更により、ポイントが加算されるのは「月3万円まで」という制限はあるものの、年会費は条件なしの永年無料となっているので、コスパ良しの利便性に優れた1枚だと思います。

確かに毎月の制限はネックになるかもしれませんが、支払いの多い月が分かっていれば事前にポイント加算範囲でチャージしてその状態をキープしておけばいいので、使い方次第ではそれなりの対処も難しくないと思います。

こういった方法を利用すれば、上限5万円分を全て還元率+1.2%でチャージすることも可能ですね。

…さて、そうすると気になってくる枚数の話。

結論から言うとリクルートカードも2枚持ち可能なカードです。

ただし、利用可能なブランドのVISA、MasterCard、JCBのうち、2枚持ちできる組み合わせはVISAとJCBの2枚ならOK、MasterCardとJCBの2枚でもOKとなります。

この中ではVISAとMasterCardの2枚だと「×」になるので、2枚持ちするなら組み合わせには注意が必要ですね。

関連記事:「ポイントの価値に注意…リクルートカードのデメリットとは?」

短期間での複数枚申し込み

クレジットカードは2枚持ちなど複数枚所有する場合、それぞれでその都度に与信審査が行なわれます。

例えば同じリクルートカードでブランド違いの場合であっても、1枚目のときと同じく2枚目のときでも審査が実施されます。

そのとき注意しておきたいのは短期間のうちにクレジットカードを複数枚申し込むと、審査落ちするリスクが高まるということ。

もちろん短期間だから必ず審査落ちになるというわけではなく、例えば1枚目の審査がギリギリ通過の場合であれば、2枚目は落ちる確率が高くなるといった感じです。

今回紹介した方法でクレジットカードを複数枚申し込むのであれば、最低でも「6ヶ月」の期間をあけてから申し込むのが審査を通過しやすくするコツになります。

(※ クレジットカードの発行を申し込んだという情報は、「個人信用情報機関」に6ヶ月間記録されているため。)

もちろん短期間に複数枚の申し込みであっても、個人の信用情報が優良である場合はサクッと審査を通過できるため、このあたりはその人次第となります。

つまり、人によってはこの方法を実行に移すまで準備に時間がかかってしまうため、じっくり時間を掛けて準備を整えていく必要があります。

関連記事:「お得術!楽天カード入会ポイントを2重取りする作り方」

タイトルとURLをコピーしました