換金は即日不可で目減り…楽天ポイントの現金化とよりお得な使い道

お金が必要なときに…楽天ポイントを現金化する方法

今回は楽天ポイントを現金化する方法についての話。

楽天ポイントを現金へと換金するのはそれなりに手間を必要とするものの、今ではもはや定番の手法となっていますね。

しかし、一見すると魅力的に感じる現金化ですが、今は通常ポイントだけでなく期間限定ポイントであっても現金化するよりお得な使い方が増えています。

そこでまずは楽天ポイントを現金化する方法とその注意点を紹介します。

加えて現金化するよりお得に使える方法も掲載しているので、換金してしまう前の参考としてご覧頂ければと思います。

楽天ポイントを現金化する方法

楽天ポイントを現金化する方法とは、簡単に言うと「換金率の高いモノ」を楽天ポイントで購入し、それを買い取ってもらうという方法です。

つまり、結局のところ換金率さえ高ければ何でもいいのですが、換金率の高さでおすすめなのが「金券」です。

金券と言ってもその種類は様々なので換金率にも違いはありますが、下手なものでなければ9割以上での買い取りを期待することができます。

基本的な現金化の流れは以下のとおり。

楽天ポイントを現金化する流れ
P獲得 楽天市場や楽天ポイントが貯まる街のお店などで通常ポイントもしくは期間限定ポイントを獲得。
金券購入 楽天市場の金券販売店で通常ポイントもしくは期間限定ポイントを使って金券を購入。
金券売却 購入した金券を金券買取の専門業者に売却する。

おおまかですが基本的な流れはこのような感じですね。

これらの詳細については以降の各項目でもうちょっと詳しく解説します。

金券はまとめ買いがお得

楽天市場で金券を購入できる専門店が「商品券販売センター」で、取り扱っている金券の販売価格は時期によって変動します。

例えば、JCBギフトカードの1,000円券が1,110円、全国百貨店共通商品券の1,000円券も同じく1,110円といった感じです。( 2019年6月の確認時点。)

つまり、1,000円券を買うのに1,110円が必要なので、その交換レートはおおよそ「1ポイント=0.90円」となり、この時点ですでに目減り分が生じることになります。

一般的には30枚まで一律250円の「ネコポス」を推奨しますが、送料分を考えると可能な限り限度枚数である30枚で取引するのがおすすめ。

…ちなみにJCBギフトカードを1枚だけ購入する場合、購入金額の1,110円とネコポスの250円で合計1,360円となるため、交換レートは「0.73円」とかなり低くなります。

10枚なら0.88円、20枚なら0.89円といった交換レートになるため、可能な限り枚数は多い方がいいというわけです。

あと、少なくとも金券をポイントで買うという作業が必須であり、即日での現金化はできないのでその点はご注意ください。

金券はポイント倍率にご注意!

金券を購入する際に注意しておきたいのが「ポイント倍率」。

楽天市場ではお買い物マラソンなど多くのセールでポイント倍率を上げることはできますが、換金性の高い金券はポイント倍率の対象外となっています。

「ポイント倍率を上げてから金券を購入すればポイントを稼げるのでは?」

…と考える人もいるかと思いますが、そううまくはいかないようですね。

また、お得なビッグセール以外に「SPU(スーパー・ポイント・アップ・プログラム)」でも対象外となっているのでご注意ください。

(※ 参考:「スーパーポイントアッププログラム」 Rakuten)

逆に言えば特定のセール期間でお得になることはないので、自分のタイミングに合わせて購入することができますね。

金券購入でポイントを増やす方法

楽天市場で金券を購入すれば、最も基本となる「お買い物通常ポイント」だけは他の買い物と同じように獲得することができます。

前項目でセールやSPUのポイント倍率の対象外という話をしましたが、ポイントをもっと稼ぐ方法がないわけでもありません。

それは「ポイントサイトを経由する」という方法。

ポイントサイトとは?
ポイントサイトから楽天市場など特定サービスを選択し、それから買い物をすればポイントサイト側からポイントをもらえるというサービス。

例えば楽天市場の場合、ポイントサイトから楽天市場を選択し、あとはいつも通り購入するというだけで楽天市場で付与されるポイントとは別に、ポイントサイト側からポイントをもらうことができます。

ポイントサイトで付与されるポイント獲得条件では金券の購入でも問題ないため、少しでもポイントを増やしたいならこの方法がおすすめです。

関連記事:「重ね取りでお得に!楽天市場のポイントサイト経由」

金券の買取業者について

ここからはもうひとつの手順となる金券の買取について。

当然ながら金券の種類や買取業者によって換金率は異なります。

加えて、郵送買取を利用するのであれば送料などの手数料も業者によって違ってくるため、換金率だけでなくコスト面もチェックすることがすすめられます。

おすすめする業者の換金率と手数料を掲載するので参考までに。

アクセスチケット.com
JCBギフトカード 98.0%
全国百貨店
共通商品券
98.5%
送料 150円~
振込手数料 108円

金券買取業者の換金率は時期によって異なりますが、アクセスチケットの換金率は高めながら、手数料がとてもリーズナブルなところもおすすめです。

諸事情により直接店舗への持ち込みが難しいという場合、ちょっとした費用は必要になるものの、こういったサービスの利用も検討してみるのがよいかと。

このようにやり方次第ではリアル店舗を一切介さず現金化することもできるので、忙しい場合の参考になればと思います。

現金化よりもお得に使える方法

ここまでの解説のとおり、楽天ポイントの現金化には「金券販売店&金券買取店」の2つが必要となり、これらによってポイントの価値の目減りが生じます。

価値の目減りはなんだかんだで「1割以上」になるし、利用頻度が多くなるほど減ってしまった分はもったいないというわけです。

…そこで、楽天ポイントを現金化する前に検討すべきなのが、現金化するよりもお得に使える使い道です。

金券のまま使う方法もあり

それは食料品などの絶対に欠かせない生活必需品に使う選択肢。

現金化の手順において金券買取店を利用する段階(金券の売却)まで進まず、購入した金券をそのまま使用するという方法です。

もちろん金券の種類にもよりますが、イオン、イトーヨーカドー、西友、ゆめタウンといったかなり多くの店舗で金券での支払いができます。

主要な利用可能店舗をいくつかピックアップしているので参考までに。

百貨店・大型店
イオン 西武 大丸
高島屋 丸井 三越
スーパー
ゆめタウン 西友 ダイエー
東武ストア マックスバリュ マルショク
家具・家電ほか
エディオン コジマ ニトリ
ビックカメラ ナフコ ヤマダ電機
専門店
ツルハ ユニクロ ライトオン
飲食店
ステーキ宮 デニーズ ロイヤルホスト

(※ 参考:「JCBギフトカード ご利用可能店舗一覧」 JCB)

必要な手数料や手続きの手間を考えると、完全に現金化せずに金券のままで生活必需品の購入に使った方がお得なのは間違いありません。

普段から金券を利用可能なお店で買い物しているのであれば、目減りする現金化にこだわらずにこういった活用方法を検討してみるのもおすすめです。

電子マネーの利便性も高い!

楽天Edyに「ポイントチャージ」すれば街のお店でも使えます。

楽天Edyはセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートといったコンビニだけでなく、スーパーではコープやマルエツなど、ドラッグストアではマツモトキヨシやドラッグイレブンでも利用できるため、それなりに使い勝手は悪くないと思います。

関連記事:「クレカvs電子マネー…ローソンでポイントのお得な支払方法」

楽天Edyでのポイント使用
通常ポイント
× 期間限定ポイント

現状で非常に残念に思うのは、楽天Edyにチャージ可能なのは通常ポイントのみで、期間限定ポイントはチャージすることができないこと。

期間限定ポイントもチャージできるようになれば利便性は高まるのですが、こればかりは今後の仕様変更に期待するしかありませんね。

ちなみに、通常ポイントであれば「1ポイント=1円」として使えるし、ポイントチャージした分でも楽天Edy利用分として「+0.5%」のポイントを獲得することができます。

関連記事:「プリペイドvsポストペイ…電子マネーの種類とお得な使い方」

利用可能店舗も多いポイントカード

楽天ポイントカードは主なところでもマクドナルド、ツルハ、リンガーハット、すき家、ミスタードーナツ、ロイヤルホストなど利用可能な店舗は少なくありません。

利用可能店舗が楽天Edyとは違うので使い分けすることもできますね。

楽天IDと紐付けしてから利用するという流れになるため、楽天Edyのような事前のチャージの手間がありません。

また、期間限定ポイントの利用も可能になっており、少ないポイントでも街のお店で消費しやすいので期限切れしにくいメリットもありますね。

お得意先があればやはり現金化よりも手間なくお得に使えると思います。

楽天が提供するコード決済

楽天が提供するコード決済サービスと言えば「楽天ペイ」。

2016年10月より開始された比較的新しい決済方法ですね。

楽天ペイは基本的にクレジットカードを登録して支払いに使いますが、楽天ポイントでの支払いも可能になっています。

楽天ペイでのポイント使用
通常ポイント
期間限定ポイント

使える場所はすでに100万箇所を超えており、楽天ポイントカードと同じく期間限定ポイントを使うことができるのもメリット。

(※ ファミリーマート、ローソン、ツルハ、ドラッグイレブン、ピザーラ、松屋、ビックカメラなど。)

楽天カードでポイント支払い

2018年9月より開始された機能で、「楽天e-NAVI」を通じて「楽天カードでポイント支払い」という設定をするだけ。

楽天カードの利用金額に直接ポイントを使用できるため、かなり効率良くポイントを消費することができそうですね。

楽天カードのポイント支払い
通常ポイント
× 期間限定ポイント

残念ながらこちらのサービスでは期間限定ポイントは対象外。

また、ダイヤモンド会員以外は「1回で50~30,000ポイント」、「1ヶ月で10万ポイントまで」といった制限はありますが、一般的な利用者で困ることはないでしょう。

あと、補足ですがポイント支払いサービスを使ったとしても、楽天カード利用分として付与されるポイントが減ったりすることはないのでご安心ください。

(※ 参考:「ポイントを楽天カードの支払いに使用することはできますか?」 楽天カード)

関連記事:「お得術!楽天カード入会ポイントを2重取りする作り方」

楽天市場のお得さと注意点

楽天ポイントと言えばやっぱり楽天市場の存在は欠かせませんよね。

楽天市場でのポイント使用
通常ポイント
期間限定ポイント

扱っている商品数がとにかく多いので必需品に対してポイントを使いやすく、貯まりにくい期間限定ポイントも少額から使えるのでいい使い道になるでしょう。

また、楽天市場を利用するメリットは「SPU」にもあります。

SPUとは「スーパー・ポイント・アップ・プログラム」の略で、特定の条件をクリアするとポイントアップ倍率を得られる特典となっています。

楽天市場においてもポイント支払いによるポイント付与があるため、SPUの倍率次第では1ポイント=1円を超える価値で利用できる可能性もあるというわけです。

楽天市場のポイント払い注意点

楽天市場でポイント支払いをお得に使うためには注意すべきこともあります。

それはポイントを獲得するための支払い条件です。

例えばSPUの条件のひとつには「楽天カードでの支払い」という条件があり、この条件をクリアすることでポイント倍率が+2倍となるわけです。

当然ながらポイント支払いでは楽天カード支払いの条件を満たせないため、ポイントで支払った部分についてはSPUによるポイント倍率は得られません。

しかし、支払いが条件でないものであればSPUは適用されるため、「楽天モバイルの契約(通話SIMのみ)」であればポイント支払い分についてもSPUが適用されたポイントを獲得できます。

つまり、楽天カードに関係するもの以外でもSPUでポイント倍率を上げている場合で、複数の条件を満たしていれば実質「1ポイント=1円」を超える価値で使うこともできます。

(※ SPUは最大で+10倍以上のポイント倍率になるため、その人次第では1ポイント=1.10円以上にすることも可能。)

まぁ、SPUの条件をひとつもクリアしていなくても、最低限「1ポイント=1円」でのポイント払いは可能なので、いずれにしても期間限定ポイントの使い道としては悪くないでしょう。

楽天ポイントの現金化について

楽天ポイントの現金化は確かに魅力的かもしれませんが、現状では換金の際に必ずポイントの価値が目減りし即日での換金もできません。

それに、期間限定ポイントの場合は金券購入に一定のポイント数が必要なため、有効期限の関係でポイントを貯めるのが難しいケースもありますね。

基本的に楽天ポイントの現金は損得で考えるとお得術ならぬ「赤字術」と言えるようなポイントの使い道になるため、「どうしても現金が必要な人向け」の方法であり、楽天ポイントを現金化する際はその点を踏まえて検討することがすすめられます。

…その一方であえて現金化しない選択肢。

今は現金化するよりもお得に使える選択肢が増えており、意外と普段行く街のお店で使えるケースもあるので調べておいたほうがいいですね。

楽天ポイントカードや楽天ペイのように期間限定ポイントを使える方法であれば、期限切れの心配なく小出しすることもできます。

…楽天ポイントを現金化する場合は、今回紹介したお得な使い方を確認し、それでも現金が必要な場合に現金化するといった流れで話を進めるのがいいかなと思います。

本記事は一応「楽天ポイントを現金化する方法」をメインのテーマとしていますが、現金化が必ずしもお得とは限らないので、「楽天ポイントを現金化せずに使うお得術」についても紹介させて頂きました。

ポイントを現金化してしまう前の参考としてご覧頂ければ幸いです。

関連記事:「10倍以上の重ね取り!お得な楽天ポイントの貯め方」

タイトルとURLをコピーしました